巳歳・復興へ向けての歩み02

11)ホームページリニューアル

㈱オープンハウス様、㈲グッドスタッフ様の御協力により、無事年内にホームページを全面更新することができました。
成果はご覧の通りですが、今後お知らせ等は「金華山社務日誌」(仮)にてブログ更新してまいりたいと存じます。

11月5日、茨城県神道青年会、千葉県神道青年会、群馬県神職青年会、栃木県青年神職むすび会計23名の皆様の御支援や、11月7日、静岡県神道青年会、神道青年近畿地区連絡協議会計47名の皆様の御支援もありました

11月23日には新嘗祭を無事斎行致し、正月の会議を重ねて、東松島市震災ボランティアの会によるつながりプロジェクト支援によるソーラーパネルの設置もありました。

頂上護摩壇は福井県上川氏、石巻市三上氏他大東文化大学ローバースカウト部・東松島市チームの協力も加わり無事完成致しました。

12月7日には午後5時18分、M7.3の宮城県沖最大震度5弱の地震があり、津波警報が発令され、鮎川港で1メートルの津波が観測されました。

年末は山根漁業部様により、灯油等のドラム缶運搬協力を頂き、年末年始の準備は整ってまいりました。

いよいよ巳歳を迎えます。

巳歳御縁年大祭は3月18日からですが、年の瀬に参籠頂いて御協力頂く風の旅行社「地球の歩き方」ボランティアツアー他、VCを支援する会押切様のグループ、また正月3が日鯛焼き支援などで御協力いただく助さんのグループとともに年を越し、平成25年からの詳細は「社務日誌」の方でご報告申し上げたいと思います。


▲このページの先頭へ