大広間


明治時代に建てられたもので、広さ73畳。
以前は昼は休憩室、夜は参籠施設として利用されていたが、現在では祈祷申込み者の休憩所になっている。


▲このページの先頭へ