濱神社


〇 例祭日:7月10日

〇 御祭神:言代主神

平成元年の巳歳御縁年記念事業の一つとして建替工事をした。以前の社殿より二廻りも大きく、銅板葺、流造り、欅材に一部桧材を用い、御影石の石組の上に建立された。
前の社殿を解体する際、内陣の後に「金華山字亀嶋(石)黄金山神社攝社、濱社言代主大神、陰暦七月十日古来祭日祠官兼小講義、明治十七年八月、奥海正敬白」とあり以前は亀嶋(石)に祠っていたものと推察される。
現在の亀石は、観光船桟橋の南側堤防により陸続きとなっているが、当時は海面上の亀嶋(石)へは、小舟で渡り奉仕や参拝が困難な為、現在地(表参道開運橋を渡った赤鳥居左手の小高い丘)に建立されたと思われる。
漁師の神様故、昔時は、漁期に入れば掛け魚等が始終献上されていたとのことである。


▲このページの先頭へ