恵比須尊・大黒尊像



かなぐい神社の御祭神、大国主神を表徴したブロンズの大黒尊像は、崇敬者有志の寄進により昭和6年に建立された。
高さ4.5m(約一丈五尺)、重量1.5t。
台座は金華山産の花崗岩で製作している。

恵比須尊像は濱神社の御祭神、言代主神で、大黒尊像にあわせ対の形をとり、昭和37年に崇敬者有志の寄進により建立された。

製作者は、高岡市の金森七次商店。
原型師は、同じ高岡市の武田松洋。
鋳造師も高岡市の高坂亀次郎。
石匠は、仙台市の高橋喜兵衛。

この恵比須尊・大黒尊像前の特設祭場にて、恵比須祭、並びに甲子大黒祭を斎行いたします。


▲このページの先頭へ